東京で馬が見れる場所や触れ合える
動物園・公園をまとめてみた!

ふれあい

東京で馬とふれあいが出来る動物園や公園を探しているそこのあなた。

ここでは、東京都内から行ける動物園や公園で、気軽に馬と触れ合える・見れる場所についてご紹介します。

餌やりや乗馬まで出来るおすすめスポットを紹介していきますので、是非参考にしてくださいね。

▼この記事でわかること▼
・東京で馬が見れる動物園や公園
・東京で馬と触れ合える場所・おすすめスポット

    ■目次

  • 東京で馬が見れる場所や触れ合える動物園・公園スポット
  • 上野動物園
  • 多摩動物公園
  • 羽村市動物公園(シマウマ)
  • 葛飾区上千葉砂原公園・ふれあい動物広場(ポニー)
  • まとめ

大前提として押さえたいのは、東京で馬が見れる動物園は多くないこと。

日本の動物園の数は約92園で、そのうち東京には10園程度となり、更にその中で馬やポニーが飼育されているのは4園となります。
下記がその動物園や公園となりますので、是非チェックしてみてください。

上野動物園

上野動物園

馬の名前や性別、種類:
上野動物園にはメスの野間馬「エリカ」、オスの与那国馬「シン」、トカラ馬の「琥太郎」の三頭が飼育されています。

それぞれ性格もバラバラで琥太郎は威張りつつも小心者、シンはおっとりして人懐っこい、エリカは一番年上で、一番わがままとのこと。
1日2回、放飼場裏に3頭がつながれている時間があり、その時はひづめの手入れをしているそうで、並んで見れるのはとても面白いと評判です。

会える場所 弁天門出口・不忍池側近く
ふれあい -
餌やり -
住所 〒110-8711 東京都台東区上野公園9−83
アクセス JR上野駅公園口から徒歩で5分 京成電鉄京成上野駅から徒歩で10分
東京メトロ上野駅から徒歩で12分
都営地下鉄上野御徒町駅から徒歩で15分
電話番号 03-3828-5171
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
営業時間 9:30~17:00 入園は16:00まで
休園日 月 祝日の場合は翌日 年末年始(12月29日~1月1日)
 ※臨時開園の場合あり
入園料 一般600円、65歳以上300円、
中学生200円(都内在住は無料)、小学6年生までは無料
公式サイト https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/
多摩動物公園

多摩動物公園

馬の名前や性別、種類:
多摩動物公園では2頭の日本の家畜馬で「道産子」とも呼ばれる北海道和種馬(ほっかいどうわしゅば)がいます。名前は「桃太郎」と「仁太郎」(じんたろう)。

桃太郎は神経質な性格で、プレッシャーを感じやすく、すぐ動いてプレッシャーから逃れようとする性格で、仁太郎は何事にも動じにくい性格とのこと。
このような馬をそれぞれ「軽い馬」と「重い馬」というそうで、性格の違いがはっきりと分かりそうです。

会える場所 アジア園「アジアの平原」近く
ふれあい 家畜馬トークイベントというイベントを不定期で開催していて、野生馬と家畜馬の違いを飼育係がお話しし、家畜馬(道産子)とのふれあいや乗馬ができるイベントを開催しています。参加は無料。
餌やり 上記イベント内にて実施。
住所 〒191-0041 東京都日野市程久保7丁目1−1
アクセス 京王線 多摩動物公園駅から徒歩で1分
電話番号 042-591-1611
営業時間 9:30~17:00
休園日 休園:水曜日、12月29日~1月1日
入園料 一般600円、65歳以上300円、
中学生200円(都内在住は無料)、小学生以下は無料
公式サイト https://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/
羽村市動物公園(シマウマ)

羽村市動物公園(シマウマ)

羽村市動物公園にはグラントシマウマのナナカ(メス)と、ミゼットホースの計2頭が飼育されています。

「ナナカ」という名前は投票式で決められたとのことで、来園者の方から親しまれています。

会える場所 サバンナ園
ふれあい -
餌やり -
住所 〒205-0012 東京都羽村市羽4122
アクセス JR青梅線羽村駅東口から徒歩で20分
JR青梅線羽村駅東口からバスで(羽村市コミュニティバス「はむらん」羽村東コース動物公園前バス停下車)
羽村東コース動物公園前バス停下車)
電話番号 042-579-4041
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
営業時間 3月~10月 9:00~16:30、11月~2月 9:00~16:00
休園日 月曜日(祝日の場合は開園)、12月29日~1月1日
入園料 入場料:4歳未満無料、4歳以上の未就学児50円、
小中学生100円、15歳~65歳未満400円、
65歳~75歳未満150円、75歳以上無料
公式サイト http://www.t-net.ne.jp/~hamura-z/
葛飾区上千葉砂原公園・ふれあい動物広場(ポニー)

葛飾区上千葉砂原公園・ふれあい動物広場(ポニー)

馬の名前や性別、種類:
肩までの高さが147cm以下の馬のことをポニーと言いますが、葛飾区上千葉砂原公園・ふれあい動物広場ではポニーに会うことができます。

無料で乗馬もでき、小さな子供から大人まで楽しくポニーとふれあうことができます。

会える場所 ふれあい動物倶楽部
ふれあい -
餌やり -
住所 東京都葛飾区西亀有1-27-1
アクセス JR亀有駅からバスで(「タウンバス車庫」「奥戸車庫」行)
「上千葉砂原公園」から(下車すぐ)
電話番号 交通遊具利用の場合:03-3604-2610(交通公園事務所)
動物広場利用の場合:03-3690-4460(ふれあい動物広場)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
営業時間 ・9:00~16:30(交通遊具)
・9:00~17:00(動物展示コーナー)/月・火・祝日の翌日は休業
・ポニー乗馬は午前10時~午前11時30分と午後1時30分~午後3時、 (月・火・祝日の翌日は休業)
・動物ふれあいコーナーは午前10時~午前11時30分と午後1時30分~午後3時30分(月・火・祝日の翌日は休業)
休園日 年末年始
入園料 入場料:4歳未満無料、4歳以上の未就学児50円、
小中学生100円、15歳~65歳未満400円、
65歳~75歳未満150円、75歳以上無料
公式サイト http://www.t-net.ne.jp/~hamura-z/

人懐っこい馬ばかり!お手軽な触れ合い体験は動物園・公園から

ここでは東京で馬に会いに行ける、触れ合える動物園や公園、おすすめスポットに関してご紹介しました。

同じ階級の選手であっても、ずっと上がりたてなのか、下がってきたのか…。
それともキープしているのか、くすぶったままなのか、近況から判断するとより実力を判断することができるでしょう。

実際に会いに行ける、触れ合える環境は限定的ですが、どこに行こうか迷ったら、是非上記内容を参考にしてくださいね。

当サイトではその他東京で乗馬体験ができる乗馬クラブや、美味しい馬肉が食べられる情報も紹介していますので、合わせて御覧ください!